専業主婦

主婦や無職の場合

通常、消費者金融やキャッシング会社といった金融業者からお金を借りるには、毎月きちんと支払いが出来るだけの収入があることが前提となります。支払う能力のない人間にお金を貸すことは、貸し倒れになるリスクがあることから、定収の無い人間には金融会社は絶対融資をしません。つまり、収入の無い無職の人間は消費者金融では絶対借りれないとうことです。

たまにネットで「無職でも融資可能」といった宣伝文を見かけたりしますが、あれはクレジットカードを保有していればそのカードの商品購入枠を利用して現金化する方法で、貸金というより質屋に近いでしょう。どんなに審査基準が甘いローン会社といえども、定収の無い人間を審査に通すことはあり得ないということです。

キャッシュカード

では、専業主婦の場合はといいますと、これは無職とは違った取り扱いとなります。主婦本人には収入がないものの、夫がサラリーマンの場合は家計に一定の収入が見込めるからです。以前はその夫の承諾無しでも審査に通ったりしていましたが、夫に内緒でサラ金からお金を借りてブランド物を買い漁ったりする主婦がいるため、今では夫の承諾書の提出が義務付けられています。

つまり、夫の承諾書をもっていけば、大手や中小といった消費者金融でも審査に通るということです。これが無職との違いです。

無職でどうしてもお金が必要といった場合、最終手段として派遣業者にでも登録をして、在籍確認がとれる体制を作りましょう。そうすれば、審査の甘い業者ならもしかすると審査に通るかもしれません。

金融業界の基礎知識